2020年10月14日

ロジャー・ミッシェル『ノッティングヒルの恋人』

Notting Hill
イギリス・アメリカ(1999)
DVDにて

そうですねー、とにかく最後が盛り上がって爽やかでいい終わり方だったので、あまり文句は言わず、いい映画だったと言っておきたい。

終わり良し。

でもすべて良いわけではないよ。

それってどうなの的な部分は結構あるけど…でももういいや。

ルームメイトのスパイクは面白いしいい人だね。結婚おめでとう(^^)/
posted by 時 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年09月28日

バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』

MOONLIGHT
アメリカ(2016)
ストリーミングサービスにて

静かで孤独で…

いい映画だと思う。
posted by 時 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年09月25日

世の中で最も下らん言葉

「それな」と「草」。

posted by 時 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年09月19日

窪谷純一『黒白を弁ぜず1』

講談社(2019/9/11)
新刊

この本、下巻も併せて言いたいことは大体アマゾンの方で書いた。一部もう消えてしまった文章もあるけど、基本的に私の文章は不安定だから、いつでもただちに消滅するよ。

この本の作者は、ツイッターなんか見てみると、かなり気難しい人みたいね。時々気にしてみることがあるんだけど、うーん、それってどうなのって思うことも多いよ。

最近この人がツイッターに放り込んで、背景にしてる絵なんか、どう思う? この感じ、黒白にも黒枝がこんな感じで大地君を嬲るシーンがあったけど、こっちはそれほど疑問感じなかったんだけど、今の絵はどうだろうね?

今描いている漫画の一シーンなのかな? でもなんか気持ち悪いし、少し違うような気がする。

結局業界で生きている人だし、馬鹿馬鹿しい奴が馬鹿馬鹿しいこと吹き込むことも多いんだろうね。

人間、自分が偉いと思い込んだら、あとは狂気の道一直線だよ。

タグ:窪谷純一
posted by 時 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2020年09月16日

苦労を売りにしてる奴ほど、たいして苦労してないよね。

そこそこ整った状況でドタバタインチキな人生を送っていただけだろう。

posted by 時 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記