2021年03月03日

桜場コハル『兄ちゃんの弟 1』

講談社(2020/12/4)
新刊

面白いと思う。

ある意味この作者にとって少し新機軸でもある。

俺は凄い絵描きだ、俺は凄い作家だ、俺は偉いプロフェッショナルの漫画家だ、なんて思ってる奴の漫画なんて読みたくない。この作者のように性格のいい人の描く漫画が読みたい。
タグ:桜場コハル
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188454162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック