2022年06月02日

藤子不二雄(A)『魔太郎がくる!!(7)』

復刊ドットコム(2012/2/15)
新刊


読みました、今回も面白かったですよ。

切人君のお父さんの話も良かったけど、今回は、燃えよ!魔太郎に注目ですね。

大体、ブルースリーは、我々の子供時代一世を風靡しましたし、藤子不二雄氏もかなり好きだったみたい。

別の漫画でも確か、藤子氏二人で映画観に行って、熱中して、アチョーって言いながら体動かしていましたよ^^

やはり、考える前に感じないとね^^
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2022年05月28日

横山光輝『バビル 2世(4)』

秋田書店(1972/10/15_初版)
2014/7/30_40版
新刊


面白いですね…

でもこの物語の展開って、テレビアニメーションの方ではどう扱ったのかな? 或いはよくあるパターンだったんだけど、テレビと漫画は同時進行だったんだろうか?

どっちにしろアニメーションの方は改めて観ようとは思っていないのですが…
タグ:横山光輝
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2022年05月26日

福本伸行『賭博堕天録カイジ_24億脱出編_17』

講談社(2022/5/6_第1刷)
新刊


あーこういう展開ですか…。なんか一番最初のころと比べて、この漫画、だいぶ趣旨が変わってきた気もしますが…

でもやっぱりなんか面白い。最後はどこに行きつくんだろう?

次巻も読みます(^^)/
タグ:福本伸行
posted by 時 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2022年05月22日

桜庭コハル『兄ちゃんの弟_2』

講談社(2022/4/8)
新刊


最終巻ですね、読み終えましたよ。

面白かった…けれど…

兄ちゃんは負けず嫌いで、弟はそれの相手するのがやや面倒、やたら勝負だ勝負だってどうなの、兎に角兄ちゃんは凄い人間で学校でも絶大に尊敬されているけど…それがどうした?結局最後は女の子巡って勝負になって、弟が勝利した?…という構成、全体像っていうのは誰の発案なのかね?

もちろん作者本人かもしれないし、周辺の編集者や出版社の偉そうなやつかもしれない。

しかしどちらにしろ詰まんない土台だよね。

もちろんこの作者は凄くセンスあるし性格もいい人だから、どんなお題でもそれなりに面白いいい漫画に仕上げるだろうけど…

例えばマガジン編集部は、今でもスクールランブルの最終回が、あれで良かったと思ってる?
タグ:桜場コハル
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2022年05月18日

宮崎夏次系『あなたはブンちゃんの恋(4)』

講談社(2022/3/23)
新刊


読みました。

次が最終巻という事ですが、さてどうなりますか。

あらゆる業界に傲慢で、愚かで、しかし声のでかいインチキな権力者達・仲間達がいますから、そういう連中の介入をうまくあしらって、正しい道を見つけて、物語として昇華、完了できますかね。

次巻で答えを見ようと思います。
タグ:宮崎夏次系
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本