2023年09月01日

横山光輝『バビル2世(10)』

秋田書店(1973/10/30,2011/2/5_32版)
新刊


うーん、横山先生には悪いけど、結局この漫画って、バビル少年とヨミ様の二人ぼっちの戦い、いちゃいちゃが主軸で、結局それだけなんだよね。

一応他の登場人物も出るけど、二人のいちゃいちゃの主軸がぶれることは全くない。

だからこそ少年時代当時このアニメーションにあまり魅力感じなかったんだし、結局今になっても同じ結論だな―。

まあ、でも…、次巻だね、最後まで読んでみようと思います。
タグ:横山光輝
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2023年08月30日

鳥山明『DRAGON BALL(1)』

集英社(1985/9/15,2023/6/11第183刷)
新刊


さて、少し思いついて、ドラゴンボールを最初から最後までちゃんと読んでみようと思いました。アニメーションでも漫画でも、結局は部分的にしか見ていませんでしたからね。

しかし面白いですね。この時期の漫画は、うる星やつらとかもそうですが、凄くドライなハイセンスな漫画が多かったんですよね。

アニメーションの方は必ずその感覚が理解できずにベタベタになっていたものですが…

然し主人公が悟空だから当たり前だけど、やはり西遊記を踏襲しているんですね。ウーロンが猪八戒で、ヤムチャが沙悟浄かな? しかも今まで意識したことがなかったけど、ブルマが三蔵法師なんですよね(^^;;;)

うーんやっぱり面白い、全42巻、先は長いけど、少しずつ読んでいこうと思います。
タグ:鳥山明
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2023年08月29日

山岸涼子『日出処の天子(4)』

株式会社KADOKAWA(2012/2/25初版2022/10/20第7刷)
新刊_但し1982連載の過去作


うーん、どうだろう…。まず第一に、これ、私が高校時代当時雑誌で読んだのと少し内容が違う気がする…。たぶん単行本に纏める時に書き直しがあったんだと思うけど…。

後話がシビアだなー。読んでいて辛いよ。嫌な奴は何処までも嫌な奴だし…。

もうこの漫画は BL漫画と呼んでもいいかもしれない…。そういえば昔ちらっと読んだBL漫画、恐ろしく嫌な登場人物が出ていたけど…。

でも…次巻も読んでみます…。
タグ:山岸涼子
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2023年08月18日

福本伸行『賭博堕天録カイジ24億脱出編(24)』

講談社
新刊(2023/7/6)


いやー…、兵藤和尊会長、恐ろしいお方だ…(^^;;;)。

現実生活では絶対に関わり合いたくない(^^;;)。

遠藤どうなる? 以下次巻…
タグ:福本伸行
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2023年07月16日

藤子不二雄(A)『魔太郎がくる!!(11)』

藤子不二雄(A)『魔太郎がくる!!(11)』


復刊ドットコム(2012/2/15)
新刊_しかし過去作1975週刊少年チャンピオン連載


さて、しかし結構工夫を凝らした話も多いのですが、大筋のスタイルとして、被虐→恨み→復讐成就というのがこの物語の一パターンではありますよね。

しかし我々の現実世界では、被虐→恨みまでは行くことが多いが(多い?^^;;;)、最後の留飲を下げる事態にはなかなかいかない。たいていは打ちひしがれて、やられっぱなしなんだよね。

しかも人に嫌なことしておいて恨むのが悪いなんて平気で言う奴もいっぱいいるから、いつまでたっても苦しみと被虐から逃れることは出来ない。

まあそれを解放させた物語ではあるけど、それよりむしろ現実から被虐が消えろよ、とは思うよね。
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本