2021年12月27日

福本伸行『賭博堕天録カイジ 24億脱出編 12』

講談社(2021/7/6)
新刊


面白い…

けど…

この漫画、もはやジャンルは何なんだろうとか…最後はどこに到達するのだろうとか、いろいろ思うな。

しかしおそらく最後まで徹底的に付き合うことになりそうだ…
タグ:福本伸行
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2021年12月25日

藤子不二雄(A)『魔太郎がくる!!(4)』

復刊ドットコム(2012/2/15)
新刊


何か世の中の不思議、怪奇、矛盾、悪と苦しみの根源に迫ろうとしている物語にも見える。

だから作者も手探りで、実験的に大きな確信もないまま、様々な物語を描いているのではないだろうか。
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画単行本

2021年12月17日

ベートーベン,ギュンター・ヴァント,ベルリン・ドイツ交響楽団『交響曲第3番変ホ長調《Eroika》作品55』

Altus Music(2020/5/20)
CD
新譜


さて、ベートーベン、ルードウィヒ・B ですよ。

4年に一回、教養的にクラシックCDを購入することにしています。オリンピックですね^^

クラシックは音の強弱の差がものすごいよね。凄く劇的だ。

最近は作曲がしたくて、黄色い楽典の本も少しずつ読んでるんだけど、その本も凄く参考になる。

エロイカっていうのは英雄のことなんですね。昔青池保子さんのエロイカより愛をこめてはかなり読んだんだけど…

しかし教養的、勉強的だと思って聴いていても、最近はクラシック聴くのかなり楽しくなってきた。

やっぱり慣れというのはありますよね、ベートーベンは特に、好きな人、尊敬している人は多いようですね。
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年12月11日

ジェームズ・キャメロン『タイタニック』

TITANIC
アメリカ(1997)
DVDにて


いやー 2021年にして初タイタニックだよ^^

然しこの映画は凄いよ。序盤部分では様々不愉快な気に入らない描写は多いけど、やっぱり沈む船の話だから…ものすごいサスペンスフルでドラマチックな映画だよね。

さすが超有名監督、ものすごく面白かった。

そして最後のシーンなんだけど、ウィキペディアにはちょっと違う解釈が書かれていたけど、俺の考えでは映画「愛、アムール」や漫画「編集王」マンボ好塚編と同じ状況、描写だと思っている。

こういうシチュエーション、展開を一番最初に考えた人は誰なのかは知らないけど、いつ見ても泣いちゃうんだよね…。
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2021年11月21日

ローラン・カンテ『パリ20区、僕たちのクラス』

entre les murs
フランス(2008)
DVDにて


……いやいやいや…これは凄い映画だ……

見ている時思うこと考えることは多々あったんだけど、むしろ今回はすごい凄いといって他には何も言わないでおこう。

沈黙より軽い言葉は言うな。正確に再現していないかもしれないけど、コーランの中にこういう言葉があるとこの映画で言っていた。

パルムドール納得だね。

あと、この映画のタイトル、 entre les murs は、英語に直訳すると among the walls になるかな…。
posted by 時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画